chevron_left

「住まい」カテゴリーを選択しなおす

cancel

プチリフォーム 過去記事

1件〜100件

  • 万葉集を身近に

    日本に現存する日本最古の和歌集「万葉集」を身近に!巻1・78番歌詠み人:元明天皇飛ぶ鳥の明日香の里を置きて去なば君があたりは見えずかもあらむ(訳:飛ぶ鳥の明日香の里を後にして去ってしまったら、あなたのいる辺りは見えなくなってしまうだろうか。)解説万葉集の子の歌の題詞によると、和銅3年(701年)2月、藤原宮から寧楽(なら)宮(平城宮)へ還った時、御輿を長屋の原に停め、古郷(ふるさと)の方を振り返り遠望しながら作ったのがこの歌で、作者については「太上天皇の御製(だいじょうてんのうのぎょせい)」と記す書物がある、とあります。和銅3年は平城遷都の年で、当時の天皇は元明天皇なのです。「続日本紀」によれば、元明天皇は同年正月に大極殿で年頭の儀式に臨み、3月に平城宮へ遷都したのです。最近の発掘調査により、同年には平城宮の大...万葉集を身近に

「住まいブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)