TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

プチリフォーム 新着記事 NEW POST

help
  • 花で巡る宇陀路

    花で巡る宇陀路桜の花といえば、吉野や奈良公園を思い浮かべますが、宇陀にもいろいろな花の名所があります。つつじ・石楠花・すずらん・杉・いちょうなど見どころ十分で四季を通じて楽しませてくれます。~自生すずらん~近鉄室生口大野駅から徒歩1時間ぐらいのところに、室生向渕という地域があります。この地域は、すずらんの自生している場所で、南限地として国指定の天然記念物となっています。向渕のすずらんは、樹木の下草に混じってひっそりと咲く姿は可憐ですが、国の管理となっているため、保存地域内に入ることができませんので、遠方からの見学となるため見学料等は入りませんが、なかなか確認し難いです。ちなみに、開花時期は5月下旬~6月初旬となっています。~村おこしの石楠花~近鉄榛原駅からバスで曾爾村役場前行きに乗り、上田口弁天バス停下車徒歩5...花で巡る宇陀路

    KF37JP

    日頃のお役立ち情報

    読者になる
  • 天理を歩いてみよう

    天理市街を歩いてみませんか奈良と飛鳥を南北に結ぶ道と、都祁と河内とを東西に横断する道が交差する地点が「櫟本(いちのもと)」で、古代より交易の中継拠点の市場として賑わいました。この地を本拠地としていた古代豪族「和爾氏」をめぐるロマンに思いを馳せながら柿本寺跡、和爾坐赤坂比古神社、サムライ街道と巡るルートを「伝・山の辺の道」と名付けられています。・・・猫や瓜の絵が好きな山田道安・・・猫や瓜の絵が好きだったという優しい一面もあり、誰もが知っている大仏の顔も山田道安の作なんですよ。時は、1569年、兵火に焼かれ首が落ちたまま放置されていた東大寺大仏を、道安は自ら願主となり、頭部の修復に絵画や彫刻で素晴らしい作品を創造する力を惜しみなくふるい、それから3年、ようやく完成したのが、現在の大仏様です。またその後、大仏殿の修復...天理を歩いてみよう

    KF37JP

    日頃のお役立ち情報

    読者になる

「住まいブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)