TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

プチリフォーム 新着記事 NEW POST

help
  • 奈良の石仏巡り~平群町椿井の線刻如来石仏~

    奈良の石仏巡り~平群の線刻如来~竜田川沿から平群に入ると、南部山上には室町時代から戦国時代にかけて、土豪によって築かれた椿井城跡があります。城下町一帯は長く曲がりくねった道に民家が立ち並び竜田川まで続いていて「椿井村」と称されたのです。地名は平群神手(へぐりのかみて)将軍の逸話によれば、物部守屋の征伐の時、平群神手は苦戦を強いられ、戦況の挽回と戦勝を祈願して椿の枝を地に刺すと水が湧き、枝から芽が吹き出たのです。そこで、「椿」と井戸の「井」を取って「椿井」となったということです。椿井春日神社参道の井戸には、今も水が湧いているそうです。椿井の西の入口の辻には、笠石を載せた総高145㎝、身部の高さ95㎝、厚さ18㎝の線刻如来仏があります。石柱を枠取りして彫った二重円光をもち蓮華座に立ち、十五個の梵字を刻みます。顔は左...奈良の石仏巡り~平群町椿井の線刻如来石仏~

    KF37JP

    日頃のお役立ち情報

    読者になる
  • 奈良の石仏巡り~三郷町~

    奈良の石仏を巡る~三郷町・蔵王権現~蔵王権現と言えば吉野山の金峯山寺を思い浮かべますが、今回は、修験道の聖地とも云われている信貴山の麓に位置する三郷町です。三郷町は昭和53年度ごろから開発された大阪のベッドタウンとなっている住宅地です。そんな住宅地のなだらかな坂を上がった立野地区には、山上屋敷跡地が残っています。樟の大木の下には覆屋が建てられ、地元の人びとにより三体の石仏が祀られています。その内の一体が蔵王権現石仏なのです。石仏の大きさは、高さ65㎝、幅34.5㎝、厚さ17㎝の花崗岩に半肉彫りされています。炎髪念怒の顔、右手を高く上げ三鈷杵(さんこしょ)を持ち、左手は腰に当て弥勒印を示しており、右足を高く蹴り上げて左足で立ち、天舞する天衣を纏っています。かつて山上家の当主はたくさんの石造物を収集したいといい、こ...奈良の石仏巡り~三郷町~

    KF37JP

    日頃のお役立ち情報

    読者になる
  • 住宅ローン控除のお話し(2)

    住宅ローン控除でちょっと贅沢を!住宅を購入する際、現金で支払う方法と住宅ローンを利用して支払う方法とがありますが、多くの場合、住宅ローンを利用します。住宅ローンをして家を買った場合、一定の要件を充たすことにより減税を受けることができます。これを住宅ローン減税と言います。そこで、住宅ローン減税について調べていきましょう。・・・控除を受けるためのローン条件・・・住宅ローン控除を受けるためには、住宅ローンにも一定の条件が必要となっています。その条件の中で最も重要なのが、借入先は銀行などの金融機関や「フラット35」を扱う住宅金融支援機構など、普通の住宅ローンであることです。勤務先や企業などの協済組合からの借入金も対象となりますが、金利が0.2%未満や無利息の場合は対象となりませんし、親や兄弟などの親族、知人、友人からの...住宅ローン控除のお話し(2)

    KF37JP

    日頃のお役立ち情報

    読者になる

「住まいブログ」 カテゴリー一覧