総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    閉じこもって

    こんばんは、逢坂です。あんなに慌ただしかった年末も、正月も明けて数日経つとそれなりに落ち着くものですね。今日は横内事務所に閉じこもってのプラン作成。現場が慌ただしいと、「閉じこもって」できないので、私にとっては贅沢な時間です。とはいえ現場の方も、(大野)K様邸は大工工事の終盤。(小柳)H様邸は内部造作工事の序盤。と動いており、現場の確認、段取り、打合せ事項や発注作業も多々残しているので、落ち着いて仕事している場合でもないですが(苦笑)。進行中の現場の管理が最優先!。それでもプランや見積りと、去年以上に忙しくなる様に今から頑張らないと。という訳で、閉じこれる今の時期に対応出来る様に、新規のプラン作成や見積りのご依頼を心よりお待ちしております<m(__)m>。では!。閉じこもって

    誠のまこと 

    誠のまこと 

  • 2位

    【みんなの管理組合質問投稿】理事会ルールに所有者が苦しんでいます

    築45年 290居室、理事会役員+監事が数十年固定メンバで自主管理しています。 総会を平日に開催し、欠席者は”議長一任”(議決権行使なし)の白紙委任状で、常に…

    須藤桂一

    (株)シーアイピー須藤桂一の日記

  • 3位

    【みんなの管理組合質問投稿】存亡の危機、相場の倍の金額です。

    ホントの話です。他に頼る方がございませんので質問いたします。 戸数43戸11階建ての小さなマンションです。築15年過ぎて大規模修繕を迎え、そこでコンサルの修繕…

    須藤桂一

    (株)シーアイピー須藤桂一の日記

  • 4位

    なつかしい「兼高かおる世界の旅」

    一昨日、兼高かおるさんのご逝去の報道が打電され、私はさらに「昭和」は遠くなったことを感じ入りました。「兼高かおる世界の旅」は、子供だった私にとって、外国への夢を誘ってくれた最初の番組だったからです。小学生の時、番組で紹介されたピラミッド、タージマハール、ヒマラヤなどを見て、強い印象を持ちました。いつか行ってみたい…と思っていましたが、それが実現したのは大人になってからのこと。その場に立った時、「世...

    エビネンコ

    建築家エビネンコの自由時間

  • 5位

    冬季の「死亡リスク」は、栃木県がワースト1、なぜ?

    1月20日は、1年で最も寒い時季とされる「大寒」。ちなみに、冬季の「死亡リスク」は、栃木県がワーストだそうだ。冬季死亡増加率が最も低いのは北海道!寒冷地である東北地方の各県も“ワースト10位”には入っていない。なぜなの?調査した伊香賀教授によれば、「昼

    GREENPEAS

    SITE OF LIFE(生活ノ現場)

続きを見る

新着記事

?
  • 冬季の「死亡リスク」は、栃木県がワースト1、なぜ?

    1月20日は、1年で最も寒い時季とされる「大寒」。ちなみに、冬季の「死亡リスク」は、栃木県がワーストだそうだ。冬季死亡増加率が最も低いのは北海道!寒冷地である東北地方の各県も“ワースト10位”には入っていない。なぜなの?調査した伊香賀教授によれば、「昼

    GREENPEAS SITE OF LIFE(生活ノ現場)
  • homifyの特集記事に載りました ♯3

    アース・アーキテクツ一級建築士事務所 http://earth-archi…

    アース・アーキテクツ 静岡の建築設計事務所です
  • 八代市鏡町M様進捗状況

    足場も外れ外観が判る様になって来ました。内部はクロス工事も終了し器具付け中2月竣工に向け着々と進んでいます!有限会社COZY一級建築士事務所・・・COZY設計室不動産事務所・・・Office&#45;cozyフェイスブック熊本県八代市海士江町3346西村ビル202TEL:0965&#45;45&#45;9150 FAX:0965&#45;45&#45;9140ランキング参加中です。一級建築士マークをポチッ!とクリックお願いしますにほんブログ村コメントや拍手もお待ちいています。...

    有限会社COZY 有限会社COZYのブログ
  • 【みんなの管理組合質問投稿】総会の採決で賛否半々の結果、規約により議長に一任の場合

    掲題の件は、私としては一票差であっても正当な採決方法だと思いますが、半数の可決に反対する人たちが不満を持っている現実があります。この半数の反対者を無視して、い…

    須藤桂一 (株)シーアイピー須藤桂一の日記
  • あおり運転殺人初公判

    堺市で昨年7月、乗用車で前方のバイクにあおり運転をしたうえ、追突して男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた同市南区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の初公判が15日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で開かれた。中村被告は罪状認否で「あえて追突したわけではない」と殺意を否認。弁護側も殺人罪の成立を否定し、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪の適用を主張した。あおり運転によるトラブルが社会問題化する中、死亡事故が殺人罪で立件されたのは異例。2019/1/15 産経 あおり運転の事件がこれだけ頻発しているのに、今度は殺人罪での起訴事件である。殺人罪は「殺そう」とした意図のもとに行われた殺人であり、殺意の証明はかなり難易なのである。例えば強盗殺人であっても、侵入した家のナイフで刺し殺した場合、殺意の証明はたぶん出来ないであろう。 従って今回の事件で殺人罪として..

    里山辰夫 建築専科

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る

「住まいブログ」 カテゴリー一覧