TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

マンション管理 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    だから、「注意しろ!」って掲示板に書いておいたのに

    前回、「コピーの希望者がいたら管理人が立ち会ってコピーをとる」っていう話を書きました。これは、あくまでも「希望者」であり、わざわざ管理組合側が掲示物を出して「管理人に頼みなさい」としているわけではありません。基本は、「住民が自分たちでなんとかして処理

    杜甫歩

    とほほ管理人 「マンション管理人 つらいよ日記」

    読者になる
  • 2位

    地獄の黙示録ファイナルを見てきた

    Fコッポラ監督の地獄の黙示録最初の上映は学生時代だったかもしれないそれをTVで見たかもしれないがあまり記憶はないその後完全版が出てこのファイナルコッポラ渾...

    youchann

    新丸子の不動産屋です マンション管理士です

    読者になる
  • 3位

    大規模修繕工事、足場解体前検査

    名古屋市東区のマンションで足場解体前の施主検査を実施。ここは、築40年。エレベーターは各階に止まらないという古いタイプのマンションで、ここを気に入っているという方が、長く住んでおられるマンション。MAKSの担当は、一級建築士の辻コンサルタントで、そのアイディア、設計力を使い、単なる劣化回復にとどまらず、低予算で、かなりのグレードアップ工事も盛り込むことができました。理事会や総会も、元々、管理会社を...

    馬渕裕嘉志

    しあわせデザイン研究所

    読者になる
  • 4位

    集まらなくても繋がりを感じるには…

    こんにちは! 廣田信子です。 マンションで、理事会・総会の開催をどうするか…という問題より悩み深いのが、コミュニティ活動をどう再開させていくかです。 「お祭り…

    廣田信子

    廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー

    読者になる
  • 5位

    電子決済にしたものの・・・・・

    この時期、フロントに会うと、「新理事長」に関する愚痴を聞かされることが恒例行事です。世の中、なんやかんやと電子マネー決済とかが広がっておりますが・・・・マンション管理組合の「支払い」に関しても、銀行がやっている「電子決済」を採用するところが増え

    杜甫歩

    とほほ管理人 「マンション管理人 つらいよ日記」

    読者になる
  • 6位

    お読みいただいてありがとうございます!

    こんにちは! 廣田信子です。 コロナ後に、世界がどうなるか…日本の経済がどうなるか…ということには、様々な考え方があります。 私の記事に対して頂いたご意見にも…

    廣田信子

    廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー

    読者になる
  • 7位

    久しぶりの建物調査

    新型コロナ感染防止のため、3月以降、延期していた大規模修繕工事前の建物調査を実施。場所は、愛知県武豊町。担当は平山コンサルタントです。グッと気温が上がってきた中での調査なので、朝9時から開始。事業者側は試験箇所の選定があるため、8時半集合。そのため、私は岐阜から7時出発。気温の予想は30度超えですが、午前中は、風も吹いて、さわやか。住民側は、2名の修繕委員の方が参加されて、一緒に屋上に登り、防水の状態か...

    馬渕裕嘉志

    しあわせデザイン研究所

    読者になる
  • 8位

    中丸子の緑道を歩いてきた

    中丸子地区にはそんなに長くない緑道がいくつかある中丸子緑道、中丸子南緑道、北谷町緑道それと市ノ坪緑道だ市ノ坪だけ若干離れているが他は川や用水の跡地でみなつ...

    youchann

    新丸子の不動産屋です マンション管理士です

    読者になる
  • 9位

    新役員の「役得」 それはあってもいいと思うけど・・・・

    勤務先マンション。総会が終わり、役員が全員入れ替わり、新役人による新しい年度が開始されました。新役員のメンバーの中で「一番有能」と思っていた人は予想通り、要領よく、「副理事長」に真っ先に立候補したらしく・・・・・・理事長にさせられたのは・・・・・・

    杜甫歩

    とほほ管理人 「マンション管理人 つらいよ日記」

    読者になる
  • 10位

    管理会社に大規模修繕工事を頼まないと後々大変!?

    管理会社が大規模修繕工事を自社に依頼した方が良い!と主張する根拠の中に、「管理会社に大規模修繕工事を頼まないと、その後、工事に何かあった時は、組合が直接その業者と連絡、交渉をすることになるので組合に負担がかかる」と言うセールストークをよく見かけます。これは、はっきり言って、「半分ホント、半分ウソ」話で、組合の判断を間違わせるものです。管理会社が工事会社であろうと、他の工事会社であると、発注者として...

    馬渕裕嘉志

    しあわせデザイン研究所

    読者になる
  • 11位

    「新たな生活様式」を守りながらの会合は難しい

    こんにちは! 廣田信子です。 あっと言う間に6月になりました。 緊急事態宣言が解除され、経済活動、社会活動が段階的に始まっています。 各個人は「新たな生活様式…

    廣田信子

    廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー

    読者になる
  • 12位

    固定資産税の支払期限過ぎたら?差し押さえ前にすべきことは?

    分譲マンションを購入すると、しっかり固定資産税が賦課(ふか)されます。 固定資産税の支払期限は、いつでしょうか。納期限過ぎたら差し押さえという事態にもなりかねません。 マンション(財産)が差し押さえとなる前にすべきことがあります。「固定資産税が払えない!」と放置することだけは絶対しないようにしましょう。 固定資産税の支払期限はいつなの? 固定資産税が払えない場合にすべきこと 固定資産税の支払期限は

    info-mansion

    マンション情報お役立ちブログ

    読者になる
  • 13位

    【日本ハム】新球場の場所どこ?開業いつ?気になるツイッター情報

    日本ハムファイターズは新球場を核とする球団本拠地「北海道ボールパーク(BP)」の建設を発表しています。 新駅一体のマンションも建設が行われる利便性も高い立地となるのではと予想しています。 日本ハムファイターズの新球場の場所はどこなのでしょうか。開業はいつなのでしょうか。 日本ハムの新球場 場所と開業日 新駅一体のマンション建設楽しみ ライブカメラが捉える建設現場 日本ハムファイターズの新球場 場所

    info-mansion

    マンション情報お役立ちブログ

    読者になる
  • 14位

    管理会社値上げをどう受け入れるか?2-2)小規模マンション編(検討)

    前編では、小規模マンション(8戸)で月額戸あたり3000円にあたる管理会社値上げ提案があったことをお話ししました。 今回は、理事会での検討経過をご紹介します。 【値上げ金額の妥当性】 ・戸数が少

    イダケン

    イダケンが吠える!(横浜・東京マンション管理士)

    読者になる
  • 15位

    大規模修繕工事の検査を再始動

    こんにちは。いがくまのブログです。いよいよ再始動です^_^まだまだ注意が必要ですが、少しずつでも活動を再開していきたいですね。大規模修繕工事中のマンションの技…

    いがくま

    住まいと暮らし いがくまのブログ

    読者になる
  • 16位

    マンション管理費相場(年間)が高いのは用途を把握していないから?

    マンション住まいの方は、毎月支払う「管理費」が高くて無駄であると感じているようです。 管理費が高いと感じる理由は、管理費の用途(年間の使途内容)を把握していないのが原因です。 アンケート「マンション管理費への認識」 管理費は高い理由は 管理費の使途(内容)把握を 「お住まいのマンションの管理費が高いと感じますか?」の質問に対して、実に64.8%が「とてもそう感じる/ややそう感じる」と回答しています

    info-mansion

    マンション情報お役立ちブログ

    読者になる
  • 17位

    築45年を超えで、初めて管理規約を改正したマンション!

    今春から顧問を務めることになった、都内にある築46年目のマンションの話です。 20世帯にも届かない小規模マンションですが、「マンション管理適正化診断サービス」から着手したところ、大小様々な問題が見つかり、最低ランクの「B」評価になってしまいました。 なかでも最も深刻な問題が、組合運営上のルールを定めた「管理規約」でした。 まず、現状の運営実態と齟齬が、以下の通り数多く見られました。 (1) 敷地内駐車場が一部バイク置場に用途変更されたのにそれが反映されていない (2) 管理費・修繕積立金の徴収額の改定が反映されていない (3)組合役員ならび理事会の運営に関する規定がない (4)管理費等の滞納者…

    satomurashi

    マンション管理士|村上智史の「士魂商才」

    読者になる
  • 18位

    カタカナ言葉の思い出

    <アジェンダ><ペンディング>などなどこれらの言葉がいわゆる会議のなかでいつ頃から使われようになったのか自身のビジネス経歴においてはどちらかというとここ10年ほど前あたりから?という感があるのだがモットモット以前からある意味普通に使われていたのだろうか?特にこの二つの言葉はそれぞれあまりよい思い出ではない場面で登場しその言葉を理事会で多用していた人物にも好い印象がないという寂しい経験があるモチロンそれらの語彙そのものになんら意地悪い心を抱いているわけではないが横文字会話を一概に排斥する考えではないがやはり空気を読めよといわざるを得ないような場面はあると思えたそうした言葉を使うべきと考えるときは『アジェンダつまり会議進行書です』『ペンディングつまり保留です』という説明の配慮を加えればよいだけと思われるのだが・・・...カタカナ言葉の思い出

    とく

    おてんとうさんのつぶやき&月の光の思案+入道雲の笑み

    読者になる

「住まいブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)