マンション管理 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/22 06:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
kurumiさん

2位
馬渕裕嘉志さん
  • 情報提供マンション大規模修繕の談合を仕切る悪徳コンサルの呆れた実態 しあわせデザイン研究所馬渕裕嘉志さんのプロフィール
  • これ、今朝のヤフーニュースで流れた記事のタイトルです。マンション大規模修繕の談合を仕切る悪徳コンサルの呆れた実態当社にも、これと同じような疑いのある相談が、いくつも持ち込まれています。そのすべてが、濃いグレー、または決定的と言える証拠がありました。しかし、住民側は、見破ることができない…。とにかく、管理組合は、自分たちが使うお金の大きさに比べて、無防備すぎます。そもそも、そうならないようにコンサル

3位
廣田信子さん
  • 情報提供隠し事が難しい社会では誠実さが勝つ 廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー廣田信子さんのプロフィール
  • こんにちは! 廣田信子です。 設計コンサルタントと施工業者の癒着があるとまっとうな工事監理が行われない可能性があり、 瑕疵が発覚しても、それを施工業者に是正させるどころか、それを指摘した人間に対する人格攻撃で問題をうやむやにすることまで発生する そこが一番の問題。 不適切コンサル問題が表に出たことで、業界にも、いくつかの団体ができこういった状況を無くし、信頼を取り戻すために努力することになった…が、
4位 馬渕裕嘉志さん
  • 情報提供「活躍できるマンション管理士になるための基礎講座」開講 しあわせデザイン研究所馬渕裕嘉志さんのプロフィール
  • この週末は、活躍できるマンション管理士になるための基礎講座。このようなポジションを目指す人を探すこと自体、相当難しいと思いますが、今回の受講者は8名。マーケティングの話から、当社が使用しているコンサルタント契約書や業務フロー図までノウハウを公開しますので、受講料の何倍もの価値があるという自信はあります。この受講者に向けて、講座前日に送ったメールは、これです。一般社団法人マンション管理相談センターの
5位 山内一豊さん
6位 kurumiさん
  • 情報提供理事会の招集は理事長が行うべき! 間違いだらけのマンション管理kurumiさんのプロフィール
  • 輪番制を採用しているマンションでは、持ち回りで役員が回ってくる。役員の任期は1年もしくは2年が一般的であるのだが、そこで開催される理事会の開催頻度は、それぞれのマンションで異なる。 年1 ... Copyright © 2018 間違いだらけのマンション管理 All Rights Reserved.
7位 イダケンさん
8位 山口コナンさん
  • 情報提供ゲリラ豪雨の備えとして止水板設置 水のう 土のうの確保 マンション管理士山口の事件簿(大阪山口コナンさんのプロフィール
  • くらしキレイ。ダスキンのプロも使うお掃除用品 昨年は1時間50?以上のゲリラ豪雨は267回と多発しています。 都市部の下水は1時間に50?の雨量を想定して整備されています。 気象庁発表のデーターから判断すると処理が追い付かず、道路への冠水や浸水が問題になっています。 下水処理機能によっては、川の近くでなくても浸水が起こる。 ゲリラ豪雨によってマンションが受ける損害の例として地下や1階の機械式駐車場や変電装置が
9位 イダケンさん
  • 情報提供ウィンタースポーツ イダケンが吠える!(横浜・東京マンション管理士)イダケンさんのプロフィール
  • 大規模修繕でバルコニー調査をすると、遠い昔に使ったと思われるホコリの被ったスキーを見かけることがあります。イダケンが大学生時代、スキーブームでした。世はバブル絶頂期ということもあり、平日から…・スキ...
10位 馬渕裕嘉志さん
  • 情報提供「貴社に頼むことに決めた」の電話が続けて2本 しあわせデザイン研究所馬渕裕嘉志さんのプロフィール
  • 昨日1日で、「貴社との大規模修繕工事に関するコンサルティング契約を決めたので、よろしくお願いしたい」と言う電話が2本。どちらも、当社のセミナーを聞いて、組合向け勉強会を行い、ざっくりとした契約金額は伝えてありましたが、それ以降、具体的な組合の意思決定への関与はしていません。多くのマンションでは、管理会社に何でもお任せで、管理会社抜きで、理事会や総会を開催した経験がなく、当社の勉強会を聞いた後、「で、
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 廣田信子さん
  • 情報提供管理員さんのなり手確保は働き方改革で 廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー廣田信子さんのプロフィール
  • こんにちは! 廣田信子です。 管理員さんのなり手不足の対策として、住民から時間の余裕がある人を募ってはどうか。 時間が余っている高齢者の方はマンション内にたくさんいるはずだから…という意見を頂きました。 以前にも書きましたが、そう思って、実際に募集した管理会社もありましたが、応募がないのです。 潜在的にやれそうな人がいるということと、応募してやってみようと思うことの間には高い壁があるのです。 自分の親
12位 satomurashiさん
  • 情報提供マンション管理組合にとって「所有者不明問題」が新たなリスクに! 世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」satomurashiさんのプロフィール
  • 1月12日付けの情報サイトBusiness Journalに、「分譲マンション、所有者不明物件が急増…管理費等を徴収できず建物全体が劣化」という記事が掲載されています。biz-journal.jp本記事を要約すると、概ね以下のとおりです。・・・・・■ 昨年12月、民間有識者をメンバーとした「所有者不明土地問題研究会」の取り纏めた最終報告によれば、国土交通省の地籍調査をもとに2016年時点の所有者不明土地を推計した結果、その面積は
13位 山内一豊さん
  • 情報提供外国語の習得 あれこれ とほほ管理人 「マンション管理人 つらいよ日記」山内一豊さんのプロフィール
  • 外国人住民が増えたことで、マンション管理の現場でも、日本語だけでは仕事ができなくなりました。このため、還暦のじいさんが、英語をはじめとする多種の外国語を今勉強しております。そこであれこれ思ったこと。大相撲の「日馬富士」問題はぐちゃぐちゃになってます...
14位 廣田信子さん
  • 情報提供設計コンサルタントと施工業者がうまくやる? 廣田信子のブログ −マンションに関わる全ての人へー廣田信子さんのプロフィール
  • こんにちは! 廣田信子です。 不適切コンサル問題に対して、 「バックマージンなんてどこの業界でもよくあることじゃないか昔から設計コンサルタントと施工業者はうまくやってきたんだ…」 そんなことを堂々と言う人がいることに、私は暗い気持ちになります。 本来は、緊張関係を持ってそれぞれの役割を果たす義務がある両者が「うまくやる」ことで、 管理組合や関わった個人がどんな被害を被ってきたか… 追い詰められて相談を
15位 kurumiさん
16位 satomurashiさん
  • 情報提供マンション内の民泊を禁止するなら、3月15日までに対策を打つべし! 世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」satomurashiさんのプロフィール
  • いよいよ今年は日本全国で「民泊」が解禁されます。民泊のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が今年6月15日に施行されます。2013年に、旅館業法の適用を除外する「特区民泊」がスタートし、東京都大田区をはじめ、大阪府、大阪市、北九州市などが特区民泊として認定されていました。しかし、新法が施行される今年6月以降は、一部地域に限定されていた民泊が全国的に解禁されます。年間営業日数は180日以下の制限こそ
17位 おてんとうさんのつぶやきさん
  • 情報提供努力じゃなく努力義務 おてんとうさんのつぶやきおてんとうさんのつぶやきさんのプロフィール
  • 最近の法律的ニュースのボスは 私にとっては ≪ 民法改正(相続分野)の要綱案の主なポイント ≫という記事です【配偶者の居住の保護】配偶者が相続開始時に居住している被相続人所有の建物に住み続けることができる権利を創設し遺産相続の選択肢の一つとして取得できる【遺産分割】婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者が居住用の不動産(土地・建物)を生前贈与したときはその不動産を原則として遺産分割の計算
18位 イダケンさん
19位 山口コナンさん
  • 情報提供マンション敷地内にある公開空地と提供公園の違いは マンション管理士山口の事件簿(大阪山口コナンさんのプロフィール
  • 【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com 公開空地は、タワーマンションに多く、周辺住民も遊べるように小公園を設けることで高さ制限が緩和されるなどの恩恵がある。 制限が緩和されると建物のフロアが増え分譲価格を下げられるメリットがあります。 提供公園とは、マンション建設中は私有地なのですが、マンション完成後に自治体に無償で譲渡されます。譲渡後はマンションに所有権はありませんから、固定資産税な
20位 マンション・メンテblogさん
  • 情報提供NPO法人リニューアル技術開発協会セミナー「新築工事へのフィードバック」 マンション・メンテblogマンション・メンテblogさんのプロフィール
  • 〜リニューアルの現場から視た不具合事例の検証〜セミナー概要躯体の不具合・仕上げ工事や防水(テキスト1章〜3章)を中心に、多くの現場を通して視てきた建物の不具合事例を示し、その改善・改良対策等について、リニューアル工事技術者からの思い切った提言。 ・特に最近発覚した漏水事例として、新築時の不具合が放置されていたことによるものを紹介。 ※躯体打継の止水処理不足が漏水原因となった事例が複数報告されています
21位 山口コナンさん
  • 情報提供阪神淡路震災の教訓 盲点排水用排水管破損の確認後 マンション管理士山口の事件簿(大阪山口コナンさんのプロフィール
  • トイレらくらくお助け袋 平成30年1月17日は震災から23年目を迎えます。災害時、公共の避難所への受け入れは自宅に帰れない人が優先される。 マンションに全壊又は半壊するほどの被害がなければ避難所へは入れないと考えるのが賢明です。 マンション内被災生活において盲点になりやすいのが排水への注意です。 受水タンクのあるマンションでは、断水後もしばらくは水道が使えます。 多くの人が、浴槽に残っている水をトイレに使お
22位 山口さん
  • 情報提供分譲マンションに住む条件理事会運営をしっかり 高槻・島本マンション管理ネットワーク山口さんのプロフィール
  • こんにちは高槻・島本マンション管理ネットワーク山口 俊一です。第15回高槻支部マンション管理セミナーのご案内開催日:平成30年2月11日(日)民法では一物一権主義と言って1つの物件に1つの権利を認めています。しかし、大都会にて職住近接...
更新時刻:18/01/22 06:30現在